一般撮影( 胸部XP 胃透視 など )

一般撮影装置 (FCR)

 FCR(富士コンピューテッドラジオグラフィー)装置を設置し、主に胸部X線検査、腹部X線検査等の一般撮影を実施しています。このFCR装置は、X線写真をデジタル画像化します。デジタル化によって、常に安定した画質の画像を提供することが可能となり、部位・目的に応じた画像処理効果により診断精度の向上が図れます。また、デジタル化された画像をフィルムに出力することや、デジタルデータとして保存することが可能です。過去の画像との比較、専門医による遠隔診断等が容易に実施できます

X線TV撮影装置 (DR)

X線TVシステム

 日立X線テレビ撮影装置 HITACHI POPULUS SO を設置し、主に胃X線検査・大腸X線検査等を実施しています。従来のアナログ(フィルム)撮影に較べ、高精細な透視像およびX線画像を取得し、人間ドック、健康診断 等に威力を発揮しています。撮影後の画像調整を行うことによって、より精密な診断が可能です。また、遠隔診断を利用することができ、専門医による、診断も迅速に実施できます。