栄養管理室


2017年 テーマ

  安心安全・満足度の高い栄養管理、食事提供

2017年 部門方針

  ■ 委託業者のスムーズな移行
  ■ 幅広い特定保健指導の実施
  ■ 患者様の特性に応じたNSTの充実


 栄養管理室は、“食事療法は美味しく、楽しい”をモットーに栄養指導や食事の提供を行っています。

 入院患者様の食事サービス

 入院患者様の病態に応じた食事を提供しています。毎日の食事が患者様の楽しみとなるよう、手作りカード を添えた季節感ある行事食や選択食などの取り組みを行っています。また、食欲不振で食事がすすまない患 者様や低栄養の患者様には、栄養補助食品を利用して栄養補給ができるよう工夫しています。

 NST活動

 食事摂取量が少ない患者様へは病棟訪問を行い、嗜好に合わせた食事を提供しています。低栄養の患者様を中心とした栄養管理を実施し、多職種連携による栄養サポートチーム(NST)の一員として活動しています。また今後は、生活機能障害を招き、健康長寿の妨げになる危険性が高いものとして近年注目されている「フレイル」や「サルコペニア」のスクリーニング及び予防・介入を行いリハビリ栄養にも力を入れていきます。

 外来・入院栄養指導

 栄養指導では、明るくなんでも相談できる雰囲気づくりを重視するとともに、患者様一人一人の生活習慣や疾患の状態に合わせた栄養指導を個別に行っています。指導内容は、生活習慣の問題点を明確にし、患者様個々に応じた指導媒体を活用して実践可能な行動変容のポイントをお伝えします。近年では、嚥下食や低栄養の栄養指導も増えており、多方面から患者様とそのご家族の健康づくりをサポートします。

 糖尿病教室

 糖尿病教室では、年2回管理栄養士が講師を担当し、テーマに沿った食事療法のポイントをお伝えしています。また、糖尿病食試食会を年3回実施しており、季節の食材を使用した低カロリーで家でも簡単に調理できる料理をご紹介しています。