栄養管理室


2020年度 テーマ

  患者満足度の向上

2020年度 部門方針

  ■ 給食運営の効率化
  ■ NSTの充実


【調理スタッフ】
入院中の食事は、患者さまにとって楽しみとなるよう、手作りカードを添えた季節感ある行事食や選択食などの取り組みを行っています。また、ゼリー食、ソフト食を導入したことで嚥下調整食の幅が広がり個々に対応した食事形態の提供が可能になっています。患者さまの病態に合った食事を提供し、アレルギーや禁止食品について迅速に対応しています。安心・安全に食事が提供できるよう日々努めていきます。

【管理栄養士】
入院中の食事は治療の一環でもあるため、栄養管理室では医師、看護師などのスタッフと連携をとり、美味しく満足していただける食事の提供を心がけています。また、管理栄養士による病棟訪問の実施や、毎月の嗜好調査の結果を献立に反映するなど、サービスの向上を目指しています。
 医師の指示のもと、入院・外来患者さまへ疾患の予防・回復のための栄養指導を行っています。食事療法に対する理解と自己管理の必要性を認識していただくことはもちろんですが、患者さまの食生活に配慮し、継続可能な食事療法が実施できるようアドバイスいたします。入院中のみならず、退院後の食生活においても、健全な食習慣をもたらすことが出来るよう努めています。

 栄養管理室スタッフが一体となって、患者満足度の向上、栄養管理の充実、地域への貢献ができるよう努めていきたいと考えています。